せどり

マカドの価格改定機能とは?どのように価格が改定されるの?

これから副業を始めたい…という時に、元手が必要なく、多くの経費が必要なく、誰でも開始できるのが「せどり」ですよね。

特に、Amazonでせどりを始める人は多いです。

ただ、適当に値段をつけるのはナンセンスで、Amazonにおける出品作業・利益計算・価格自動改定などを一元管理できる管理ツールはたくさんあります。

今、Amazonの管理ツールとして、マカドを使っている人が多いです。

そこで、管理ツールであるマカドのことですが、価格改定が自動でできるのが大きな魅力。

そこで、価格改定ができるマカドの魅力と、その価格改定の詳細について見ていきたいと思います。

\30日間は無料で使える!/

Amazonせどり管理ツール、マカドをチェックしてみる!

価格改定ツール「マカド!」改定機能の設定は簡単!

アマゾンは、せどりをしてそして出品するのに最適で、とても売りやすいです。

amazonでせどりをする!ツールはマカドがいい?その評価は?これから副業を始めたい…という時に、元手が必要なく、多くの経費が必要なく、誰でも開始できるのが「せどり」ですよね。 特に、Amaz...

マカドは1ヵ月無料お試しができます。

そこで、実際に使ってみて試せますし、実際に設定方法はとても簡単です。

最近の価格改定ツールは、各社とも多機能であるがゆえに難しいイメージがありますよね。

まずは、価格改定のツール画面や、マカドでどんなことができるのか見ていきましょう。

マカドでは、環境設定から、価格改定の基本設定が可能

マカドでは、「価格改定基本設定」で出品している商品のデフォルトの自動改定改定の設定を編集できます。

上部メニューの「環境設定」→「価格改定基本設定」の欄をご覧ください。

そして、マカドでは、画面を見ると、実際にどれくらいの回数の価格改定が行われているのか数値で確認することができたり、自分の出品商品のなかでカート取得権利がある商品数が分かるのも非常に便利です。

価格改定の使い方で分からないことがあれば「価格改定ページのマニュアル」をクリックすると、価格改定に関するサポートページが開きますので、こちらを見れば安心です。

とてもサポートはわかりやすくなっていて、わからないこともサポートに問い合わせることができて安心です。

価格改定に関する環境設定はもちろん、ターゲット価格からの設定も!

マカドでは基本的には、〔ターゲット価格より何%改定〕〔下限価格〕に関しても、各商品個別での設定変更ができます。

デフォルトで値下げ設定をすると値下げ合戦を引き起こしますから、0を入力しターゲットの価格に合わせるのを基本です!

そして、マカドに商品データが読み込まれた状態で全商品に同じ設定を行う場合は〔現在出品中の商品に一括適用する〕にチェックを入れます。

なお、環境設定を変更する際には入力した後に設定画面右側に表示される青色の〔更新する〕ボタンをクリックします。

下限価格も設定可能

マカドでは、全商品のデフォルトの下限価格を設定することができます。

こちらで入力された額以下に改定されることはありませんので、最低限の価格の入力をおススメします。
※自動価格改定が行われる場合にのみ適用されます。

例)
下限価格を380円で設定した場合
商品Aの自分の出品価格:500円
商品Aの他店最安値:250円 → 商品Aの改定価格:380円

価格改定時に現在の商品価格から、設定した比率まで一気に値下げが行われる場合、その商品の価格改定をスキップする(暴落防止)機能になります。

他の出品者がいきなり安値で出品した場合、お客様の商品もその商品に追従して値下げを行ってしまいますので、大幅な値下げを無視したい場合に設定します。
※自動価格改定が行われる場合にのみ適用されます。

マカドは、アマゾンランキングを考慮した価格改定が可能

さらに、マカドでは、Amazonランキングを考慮した追加値引き調整が可能です。

基本的に高ランキングの回転商品ばかりを扱っている人ならば効果的に使えると思います。

ただし、自分が値下設定をするということは、ライバルもその価格に合わせる・もしくは値下してきて値下げ合戦となる可能性があります。

ただ、こちらも絶対にランキングに合わせて値引きをする必要性はありませんので、判断をユーザーに任せてくれる方が助かりますね。

価格改定する必要すらない独自商品を販売できるのがベストですが、そうではない競合がいる商品を扱っているなら価格改定ツールは無くてはならないアイテムだと思います。

アマゾンで価格改定が必要な理由

まず、アマゾンで、価格変更が必要な理由とは?ということを知っておくと良いでしょう。

せどりの中級者の方はすでにしっているかもしれませんが、価格変更が必要になる理由というのは、同じ商品を出品しているライバルが、どんどんと価格を変更していくからです。

試しにAmazonでいくつか商品を検索してみましょう。

すると、FBA出品をしているらしい新品なのに、なぜか妙に価格帯がずれている出品者がいることがあります。

最低価格をキープする必要は全くありませんが、あまりにも最低価格からかけ離れすぎていると、誰にも買ってもらえません。

そして、長く在庫を抱えることは非常にリスキーです。商品によっては最安値をキープし続ける最強出品者がその商品を独占している、ということもよくあります。

だからこそ、価格改定ツールは絶対に必要になってきます。

まとめ

価格改定ツールはせどりの時間をグッと減らしてくれるとても便利なツールです。

在庫が増えてきたら価格改定も一苦労です。

私も経験がありますが、在庫が増えてくると、価格改定が追いつかず、全然売れなくなっていた…なんてことはざらにあります。

その逆も然りで、損をして、安くで売りさばいてしまっていることも。

在庫数が50を超えてきたら導入を検討してみましょう!

\30日間は無料で使える!/

Amazonせどり管理ツール、マカドをチェックしてみる!