自費出版

文芸社の自費出版はどう?自費出版で有名な文芸社の特徴と評判は?

自費出版をしたい…と考えた時に、真っ先に思いつくのが文芸社の自費出版だと思います。

まず、名実ともに自費出版の最大手である文芸社は、とても有名です。

そして、本を出したいという著者の情熱をサポートするという、出版社の原点に立ったスタイルを貫いています。

そんな、文芸社から自費出版をしたいという方に、その詳細の情報をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!


【文芸社】での自費出版応募はこちら

文芸社の自費出版とは?

文芸社の自費出版はとても有名ですよね。

文芸社で、自費出版をした場合、出版された著書は全国300書店の棚に必ず並ぶ、紀伊国屋、文教堂書店に1年間常備陳列されるサービスなどがあります。

優秀作品はテレビ朝日でドラマ化するなど多くの取り組みを行っているのも特徴で、実際に文芸社の自費出版からは、「B型自分の説明書」や「リアル鬼ごっこ」などのベストセラーが生まれています。

また映画化されることも珍しくはありません。

文芸社の自費出版は、自分から応募する必要があって敷居が高いイメージですが、資料請求で詳細が詳しく分かります。

文芸社の資料請求はこちら

文芸社の自費出版はベストセラーになる確率が高く稼げる?

自費出版の本でも書店に並べばベストセラーになる確率がありますよね。

誰しもが自費出版をするなら、稼ぎたいという気持ちがあるのではないでしょうか。

売れる本を置くのは当然の商法でなかなか自費出版の本を売るのは難しいと言われています。

ただ、書店に並ぶ自費出版本とネットのみの企画出版本ではやはり書店に並んだ方が有利であることは明白です。

この状況下で、近年評判を集めているのが、株式会社文芸社の出版システムなんですよね。

文芸社の自費出版の著者らからの支持

大手出版社は大抵自費出版部門を持っています。

ただ、圧倒的に強いのが、文芸社です。

これは、なぜかというと、著者らからの支持が熱いということ、そして圧倒的なベストセラー率の高さで、近年は自費出版イコール文芸社といっても過言でない業界内の評価を得ているのです。

その評判のシステムとは、ひとことで言えば配本力の強化です。

そこで、文芸社の自費出版が評判の理由を見ていきたいと思います。

\詳しく知りたい方は無料/

【文芸社】での自費出版の資料請求はこちら

文芸社の自費出版システムの詳細と強い理由は?

文芸社の出版システムの魅力
  1. 販売チャネルの確保力が強い
  2. 全国300店舗に配本される
  3. 書店チェーン最大手である紀伊國屋書店、文教堂書店で配本される
  4. 自費出版内での地位が確立されている
  5. 着実にベストセラーが生まれている

まず、文芸社の出版システムの魅力は、販売チャネル確保力にあります。

先程も述べたように、文芸社より刊行された書籍は全国300店舗の書店に必ず配本されるのが魅力です。

無名の新人作家の書籍が全国300店舗に配本されるのは異例のことで、もともと、人気作家が書いた売れそうな書籍で棚が埋められていくところを、配本先を確保にコストをかけて実現しています。

また全ての書籍ではありませんが、書店チェーン最大手である紀伊国屋書店及び文教堂書店に1年間常備陳列されるサービスも受けられます。

このサービスは1年間店頭在庫がなくならないよう補充・管理されます。

そして、文芸社からは、着実にベストセラーが生まれています。

出版するだけでは意味がない。書店に本が並ばなくては。どんなに良い書籍でも人の目に触れなければ売れることはないのですが、それを実現できるのが文芸社の自費出版システムなんです。

\詳しく知りたい方は無料/

【文芸社】での自費出版の資料請求はこちら

文芸社の志について

公式ホームページを見ても、アマチュア文化を応援したいという文芸社の志をひしひしと感じられます。

常に各種コンテストを開催しており、持ち込みも受け付けています。

原稿用紙のデータをダウンロードして印刷できるコーナーもあります。

出版説明会の窓口については、文芸社のホームページをみると、3種類あります。

  • 出版相談会
  • 資料請求
  • 書き方講座

上から順に、出版したい気持ちが固まっているひと向け、というところでしょうか。

・文章を書くことに興味のある方
・原稿の執筆で悩みやご相談のある方
・将来、本を出してみたいと思っている方
・出版業界全般に関し興味のある方
・書きかけの原稿や完成原稿をお持ちの方

こういった方は、出版説明会なら、ワンポイントレッスンなどを受けることができます。

ただ、どれも予約制ですし、、多くの場合は14:00(開場13:45)~17:00の3時間制と長い時間になり、開催開催日が決まっていますので、相談会に出向くことが億劫なら、資料請求がおすすめです!

こちらで、文芸社の自費出版の詳細がわかりますし、文芸社にも自分が自費出版を検討していることが伝わるでしょう。

\詳しく知りたい方は無料/

【文芸社】での自費出版の資料請求はこちら

まとめ

このように、文芸社は自費出版業界内での地位を確立しており、多くのベストセラーが出ています。

文芸社は、自費出版を手掛ける多くの出版社のなかでも、もっとも有名な出版社です。

毎月出版される書籍は100冊以上で、その多くが自費出版だといいますから、圧倒的です。

検討されている方は、ぜひ無料の資料請求から検討してみませんか?

\詳しく知りたい方は無料/

【文芸社】での自費出版の資料請求はこちら